10/20 茶の花満開
お茶の花
お茶の花の撮影は今ですよ!
 加治丘陵にある増岡園の茶園です。今はお茶の花が満開状態です。除草作業にきましたが、花の蜜をもとめていろいろな昆虫がきます。みつばち、すずめばち、はなあぶ、くまばち、などのハチ類、蝶やすずめ蛾類、など畦の間にはたくさんの虫たちが飛んでいて、ぶんぶんとうるさいくらいです。さらにはそれらの虫を狙ってカマキリやトカゲなども茶の木の上に上って待っていました。
お茶の花 お茶の花は主に下の方に咲きます。茶株の上部に花が咲くようだとその茶園はあまり管理が良いとはいえないでしょう。植物の花や実がつく状態とは葉や茎があまり育たない状態です。お茶は葉を収穫する作物ですから花や実はむしろ好ましくありません。一般に剪定をすると花付きは良くありません。左写真の茶樹はまだ仕立て中なのではさみをいれていないため、下枝がよく開花しています。
10/20 上の写真にいたカマキリ(メス)
かまきり カマキリは今が繁殖期、これから産卵のためにたくさんの害虫を食べてくれます。かまきりがたくさんいるということが茶園が一夏中、健康的だったという証拠です。なぜならカマキリは秋遅くに産卵して春に幼虫が生まれてきます。年に一度の産卵ですから夏の間に殺虫剤をかけると全滅してしまいます。多くの害虫たちは夏の間に何回も産卵して繁殖しています。
同、虫をねらうトカゲ
とかげ とかげは茶園では最上位の生き物の一つでしょう。樹上から地上まで活動範囲は広くたくさんの種類の虫を捕食しています。

歳末謝恩セール開催中!狭山茶1割引 贈答品コーナーへ

トップページ 全製品の一覧 有機さやま野紅茶 増岡園のご案内
狭山茶の増岡園 http://masuokaen.jp/Copyright 2017 MASUOKAEN All rights reserved. 171214