3/7 お茶の鑑定
もう茶根は養分を吸収しています。
お茶の鑑定
 新茶も間近を思わせる陽気ですね。さくらの開花予報では、平年よりも1週間以上早そうです。新茶も早く芽が出そうで楽しみです。今日は、お茶の火入れと鑑定をして、新茶製造の参考にしています。
番茶
 最近、人気の番茶です。番茶は、煎茶の硬くなった葉の部分を選別して造ります。カフェインが少なく、体にやさしい味がします。番茶の品質で栽培の欠陥がわかります。増岡園の番茶は、有機栽培の煎茶から選別していますので安心してお飲み下さい。
 新茶には、認証済の生産者の顔の見える狭山茶が生産できると思います。ぜひ一度、本物の有機栽培狭山茶を飲んでみてください。価格は、100g\1000と\800の予定です。その後、番茶\500、紅茶\500(値下げ)生産の予定です。お楽しみに(^0^)
越冬中の茶樹も少しながら活動しています。呼吸や、光合成、蒸散作用などによって秋の内に根に貯蔵しておいた養分を消費していきます。低温ならば活動が少なく、新芽に送る養分が多くなり、美味しい新茶になるというわけです。

歳末謝恩セール開催中!狭山茶1割引 贈答品コーナーへ

トップページ 全製品の一覧 有機さやま野紅茶 増岡園のご案内
狭山茶の増岡園 http://masuokaen.jp/Copyright 2017 MASUOKAEN All rights reserved. 171214