4/4 4月の雪です。
 三寒四温と思っていたらなんと雪が降っています。お湿りには最高ですが雪は困ります。明日は晴れの予報なので霜の被害が心配です。晴れた時には、放射冷却が起こり茶株面が冷えて晩霜被害が出ます。雨が降っていたり曇りなら心配ありません。ここは神頼みというところです。これだけ寒いと温暖な産地に比べてずっと新茶が遅れそうです。
 狭山茶は本来、寒冷地の茶産地ですのでこの寒さが美味しさの元になっているのです。暖地のお茶には無いまろやかで濃い風味は狭山茶の大きな特徴です。
4/4午後7時半みぞれ交じりの雪 茶株面にはうっすらと白い雪が。
 こんな様子なので今年の新茶は遅れるかもしれませんね。増岡園では、加治丘陵のふもとに傾斜茶園を開墾してあります。ここは暖かい茶園ですので五月初めには新茶ができそうです。今年の新茶期からは業界指針で100%産地表示になります。
 つまり、産地名(狭山茶等)を使用するには当地産の荒茶(原料)を100%使用したお茶だけとなります。(今まではどうだったの?)
 増岡園では、従来よりお客様に新茶の初摘み日をお知らせしております。これにより他産地より遅い新茶ですが、本物の狭山茶をお待ちのお客様に確かな狭山茶をお届けしております。今年も当サイトで新茶情報を掲載いたしますのでお楽しみに。

歳末謝恩セール開催中!狭山茶1割引 贈答品コーナーへ

トップページ 全製品の一覧 有機さやま野紅茶 増岡園のご案内
狭山茶の増岡園 http://masuokaen.jp/Copyright 2017 MASUOKAEN All rights reserved. 171214