7/14 紅茶製造
前日13日に茶摘みを行い、本日加工しました。
茶園の表示。有機認定済みの表示がされた茶園です。 道路を含めて緩衝地帯となるので周囲の1畝は一般茶園として有機茶葉から除きます。道路も除草剤を使っていません。草かきによって枯死しています。
茶芽の様子。紅茶に最も適しているといわれる新芽です。ウンカに食害され、葉裏や芯にはたくさんの噛み傷があり、すでに傷口から酸化が進んでいます。長く紅茶を製造していますが初めての現象です。 息子とお茶刈作業中。ものすごい暑さです、気温は35度くらいでした。
茶葉は20時間ほど保管し、しおれた状態にします。この間、茶葉の中にある酸化酵素によってカテキンなどが酸化され(発酵と呼んでいる)紅茶独特の風味が生まれます。その後、揉捻機によって強く揉まれ、茶葉に傷がついて発酵が促進されます。 揉捻機から出た状態。まだ発酵が不足して緑色も混ざっています。この後、竹籠に移し発酵作業を行います。
発酵の程度によって仕上がった時の色目が違います。赤身が強いのが発酵が良い。黒味のかかっているもの(右)は発酵不足。それなりに異なった味わいがあります。 レイアウトの都合でこんな写真をどーぞ。自宅の玄関先の肥料袋でごぼうが育っています。食べたいときに袋を開けば採り立てごぼうが味わえます。最高に香りが良いです。お奨め品。
 
増岡園の紅茶は「狭山野紅茶」の名前で販売しています。
当園店頭他、ジャスコ入間店・川口・与野・北戸田・浦和美園・長津田・柏・八千代緑が丘・秦野の各店でお求めください。
鴻巣-立川園・表参道-茶茶の間の各店でも増岡園の一部のお茶をお求めいただけます。

歳末謝恩セール開催中!狭山茶1割引 贈答品コーナーへ

トップページ 全製品の一覧 有機さやま野紅茶 増岡園のご案内
狭山茶の増岡園 http://masuokaen.jp/Copyright 2017 MASUOKAEN All rights reserved. 171214