茶園管理に大忙し
茶摘み後の茶園管理、無農薬防除に挑戦中
7/15減農薬茶園
 狭山茶の産地では二番茶の収穫までで茶摘みは終わりです。他の産地と違い、茶樹の病害は少ない地域でしたが、最近の温暖化の影響か、たんそ病が多くなってきました。
 二番茶の遅れ芽がたんそ病の巣になっているので刈りおとして発生を少なくしています。こうするとちょうど発生し始めたハマキ虫の幼虫やウンカの卵なども落として発生を防止できます。これらの薬剤を使わない病害虫防除方法は耕種的防除方とよんでいます。
茶園の中耕
 夏の茶園の管理で大変なのが除草作業です。耕運機により地表を浅くかき回すと表面の草が退治できます。手作業より能率的で除草剤を使わないできれいになります。
ほくめい
 新品種の定植二年目です。株本には専用の防草マルチを敷き、畝間は上の写真の機械で除草したところです。非常に初期成育の良い種類です。

御中元、贈り物に狭山茶を 贈答品コーナーへ

トップページ 全製品の一覧 有機さやま野紅茶 増岡園のご案内
狭山茶の増岡園 http://masuokaen.jp/Copyright 2018 MASUOKAEN All rights reserved. 180621