12/2 茶樹の休眠

ここ数日、冷え込んでますね。増岡園店舗前の午前七時半の様子です。一面、霜に覆われています。この寒さが狭山茶のおいしさの元なのです。夏の生育を終えた茶樹はこれから新茶の季節まで約半年間の休眠に入ります。この期間が寒いほど休眠が深く、体力の消耗が少なくなり(貯蔵養分の消費が少ない)新芽にたくさんの栄養素が送られます。つまり、越冬期が寒いほど新茶がうまいと言うことです。でもあまり寒いと暖地性の茶樹は枯れてしまいます。ここが難しいところですね。ということで狭山茶の産地が経済的に茶産地として北限と言われています。当地の場合、冬季の低温、夏季の紫外線が少ない、等の理由から甘みのある狭山茶が生産されるのです。
増岡園店舗前に咲くヒマラヤユキノシタの花です。

お土産、贈り物に狭山茶を 贈答品コーナーへ

トップページ 全製品の一覧 有機さやま野紅茶 増岡園のご案内
狭山茶の増岡園 https://masuokaen.jp/Copyright 2018 MASUOKAEN All rights reserved. 180820