このたびの震災で被災されました方々には心よりお見舞い申し上げます。
新茶売上金の一部を義援金に当てさせていただきます。
5月3日(火)・4日(水) 新茶初摘み(新茶販売開始)
少し遅れましたが茶摘み(手摘み)出来ました。
母の日のご予約ありがとうございます、無事発送いたしました。

5月6日テレビ取材収録(BS朝日・エコの作法)毎週金曜日午後10時〜(5月20日放映)
不順な天候の今春でしたが無事に初摘みが出来ました。
初摘み新茶はその日の内に、手揉みと機械揉みで超高級茶に製茶しました。全製品のコーナーで販売開始しました。
店舗前の茶園で初摘みです。20人ほどで手摘みしました。竹かごで萎凋処理します。
手摘みされた摘み立ての茶葉です。
貴重な少量の茶葉は、竹篭から手作業で蒸し機へ
製茶の最初の行程は蒸気による殺青(醗酵酵素の破壊)これによって煎茶の緑が保たれる
流行の深蒸しではなく浅蒸し(20秒)です。超高級茶はやはりこの製法が一番と思っています。
粗揉機はうん十年前の小型機械です。高級茶は手揉みに近い小型機でなくてはうまいお茶にはなりません。
内部の様子は手揉み茶そのものです。
 
粗揉機から取り出す寸前の茶葉。ここまで約1時間揉みました。
次の工程も小型の揉捻機です。全ての工程が小型の機械で丁寧に揉み上げられます。
まさに手揉み茶感覚です。仕上がり寸前の茶葉は細く揉み込まれつやが出ています。茶葉にやさしい小型機ならではの姿です。
手揉み茶と有機栽培の取材に訪れたBS朝日撮影スタッフ。まずは茶園の撮影です。
午後からは工場内で手揉み撮影です。手揉みは16代が行います。
約5時間後に仕上がった手揉み茶。ほいろで乾燥中です。乾燥時間は1時間ほど。
完成した手揉み茶、全行程6時間の労作。手摘み・手揉みの最高級品
 手揉み茶は現在、在庫が少量となりましたのでお早めにご注文ください。
 限定品のため完売の際にはご容赦ください。    狭山茶増岡園  園主 増岡伸一

お土産、贈り物に狭山茶を 贈答品コーナーへ

トップページ 全製品の一覧 有機さやま野紅茶 増岡園のご案内
狭山茶の増岡園 https://masuokaen.jp/Copyright 2018 MASUOKAEN All rights reserved. 180918